2012年6月1日金曜日

英語学習その2 英作文集め 2012/08/20追記

みなさんこんにちは。
今日は英語のアウトプットで重要になる、英作文集めについて。

英語の能力と言うのは、大きく分けると4つのスキルに分かれると思います。

リーディング、リスニングのインプットスキル、
ライティング、スピーキングのアウトプットスキル。

リーディングを練習するとリスニングが伸びたり、
これらは全てに相互作用があるなーと思いますが、
このうち後者の二つ、アウトプット練習は、一人でやるにはなかなか難しいものがあると思います。
おそらく多くの人にとって、アウトプットは練習の機会が少ないです。

さらにインプットスキルを磨いて、
読むことは出来ても、聞く事ができても、
それをアウトプットし、実際に使うとなると全く別なのです。

Lang-8と言う日記を書き、利用者同士で無償の添削をするサイトや、
レアジョブ(オンライン英会話サービス)と言ったスピーキング向けのサービスもあります。
これらは素晴らしいサイトです。

が、アウトプットの練習を全くしていないと、何をどうやって喋るのか、
どうやって書くのか、という所に思考がなかなか及びません。
英作文の練習が必要となります。
そこで多くの初期のアウトプッターにオススメの本なのが、

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4860641345/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=sagaluma-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4860641345

や、

「スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4860641574/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=sagaluma-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4860641574

です。自分も、これらの本を何周もし、
基本的な英作文がある程度早く浮かぶレベルまでは進むことができました。

中学レベルの英語力でも理解出来るこれらの本は、
初期の英語学習者から、TOEICで高得点を取るけれどアウトプットはまだまだ練習していない、
と言う方まで幅広くオススメです!
ただ、これらの本は基礎的な表現がメインです。
表現のバリエーションを増やしたい時には、
意識的に日々色々なフレーズのバリエーションを増やす必要があります。
(実際にアウトプットの場を増やしていくと、そんな欲がどんどん出てきます。
決して基礎的な表現が完璧とは言えないにも関わらずです^^:)

自分の場合それらのフレーズは、ニュース記事やペーパーバックから集める事もあるのですが、
色々なWEB上から拾い集めることが多いです。
本題までちょっと長くなりましたが、
今回はそれらの、英作文集めに特化した、オススメのWEB上のサービスを紹介します。

ゴガクル
NHKの語学サイト。
色々なNHKのテレビ放映で集めてきたフレーズを余すことなく紹介しております。
サイトに登録する事で、英作文フレーズのお気に入りも可能。
ただ、サイト上での英作文トレーニングは、
ちーとユーザーインターフェースが引っかかるところがあるので、
自分用のファイル(後ほど記載します)等にコピペしたほうがいいです。

Learn real English
Lang-8で知りあった人がやってるサイト。
英語のシチュエーションにあわせたフレーズを学べる。
解説も英語でしているのがいいです。
秀逸です。

Gaba style English シチュエーション別英会話
こんかい一番紹介したかった、podcastの番組。
ナビゲーターの西任 暁子さんが美人!スキ!
シチュエーションが具体的な数分ほどのコントはユニークで、
実際のGABAの講師と西任さんのやりとりもわかりやすく、
週1と言う更新頻度が手軽で、でも一回の放送で学べる事が多く、すごくよいです。
バックナンバーを見る場合は、
初期の放送はちょっとこなれてないのでw、ここ1年くらいのものから見るとよいと思います

あとは有料ですが、アイフォンアプリで、
アルクの日常会話表現
http://itunes.apple.com/jp/app/ri-chang-hui-hua-biao-xian/id479106800?mt=8
も使っています。
英作文がおよそ700本ほど(テキトー)とてつもなく盛りだくさんな内容となっております。
つい数日前やっと350本ある程度英作文できるくらいまでやりこんで終わった!と思ったら、
シークレットが350本くらいあるみたいで吐きそうになりました。

これらから引っ張ってきたフレーズの和訳英訳を、エクセルのファイルに入力し、
https://www.evernote.com/shard/s41/sh/52496161-7692-4332-80f8-89bee939da93/92105e35f2183467d9a8473bcdc53bb0

PCとアイフォンの両方から復習しております。

今年の目標は1000本英作文!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2012/08/20追記
英作文に、DUOもオススメです。
DUOは基礎から英語をやる人が単語学習をするのに最適な本です。

自分自身も、3年ほど前に英語を始めた頃、
初期段階に単語覚え、リスニングへの慣れの為何度も聞き込んだ本なのですが、
英作文をする素材として最近始めたところ、まったく和文→英文ができず。
瞬間英作文のようにある程度パターンわけされた文章と違い、
全てのフレーズがイディオムである為、全てが新しい表現であるためです。
(この記事で紹介したWEBサービスたちも同じではあるのですが)

歯ごたえありすぎなのですが、難しい単語を使ってるわけでもなく、
こなせるとアウトプット能力が大きく上がる確信があり、とても嬉しくなります。
数ヶ月かけて少しずつやっていこうと思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿