2012年6月24日日曜日

Teemoでみんなでエベレスト登ろうぜ! アプリ紹介

エクササイズを楽しくやれるアプリ、Teemoが面白そう。
co.designで見つけた記事です。
http://www.fastcodesign.com/1670102/teemo-app-turns-exercising-into-a-travel-game

公式サイト
http://goteemo.com/#section5
健康の為のエクササイズをする時、
楽しむ為ではなく、ノルマとしてやってしまう事がありませんか?
それがTeemoを作った理由。

動画
http://vimeo.com/40244582
まずはエベレストに登る、など、10の目標から一つを設定。
facebookを通じて友人を誘い、(一人でも出来るみたいですが)
105のエクサイサイズにチャレンジしていくと、
それに伴ってゲーム上でのゴールに近づいていきます。

友人と進行度を競い合ったり、
はげましあったりしながら、ゴールを目指します。

なかなか面白そうです。
最近軽いジョギングを始めてみたのですが、
筋トレ的な事はこのアプリでチャレンジしてみようかな。

itunesで現在無料です。

2012年6月21日木曜日

マクドナルドのハンバーガーは何故こうも実物と違うのか?

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1699733.html参考まとめ

よくネタにされるこの問題、
マクドナルドを利用した人ならば、考えたことがあるかもしれません。
この質問に、マクドナルドカナダがなんと公式に回答しました。

動画
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2162080/Why-McDonalds-burgers-look-like-the-menu-Fast-food-giant-reveals-painstaking-process-advertising-photos.html

一度購入したハンバーガーを、
写真スタジオでフードスタイリストが材料を、
慎重に、よく見えるように配置し、キレイにライティングもして、
小さい傷などあれば画像修正さえしています、との事。
そりゃそーですね。
ただし、使っている材料や量ももちろん販売しているものと全く同じもの。

最初のURLを見るとほんとかなー?と思いますが、
動画見てるとまあホントっぽいなーと思えてきます。

材料が販売しているものと同じなのであれば、個人的には全然アリだと思います。
イートインのみのお店であればともかく、グッと紙や箱に包むわけなので、
見た目にこだわれないのは仕方ないですし、見た目を楽しむ食べ物ではないと思うので。

しかし広告って面白いですねー。
元記事
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2162080/Why-McDonalds-burgers-look-like-the-menu-Fast-food-giant-reveals-painstaking-process-advertising-photos.html?ICO=most_read_module

2012年6月18日月曜日

Super betterで育てる

https://www.superbetter.com
3月ごろにローンチした、スーパービター。

ゲームデザイナーのジェーン・マクゴニガルがつくった、
新しいソーシャルネットワークゲームサイトです。
ジェーン・マクゴニガルは、常に
「ゲームを通じて現実をよりよくしていこう!」
という志をもって、色々なソーシャルゲームを作成しています。

http://on.ted.com/ArlX

このTED上でのスピーチを一度聞いてみると、
彼女が目指しているものがなんとなく見えてくるかもしれません。
もともと自分自身、ゲームがすきなのもあり、何度も聞き込んだTEDトークです。

彼女は、ゲームで世界を変える!と言う事に関する本も執筆しております。
和訳もあるので興味があれば是非ご覧下さい。
「幸せな未来はゲームが創る」
今流行のゲーミフィケーションにも大きく影響を与えている一人ではないでしょうか。

さて、このスーパービターですが、、
クエストやパワーアップといわれる色々なタスクをこなしていき、

クエストはいろいろあるよ! 





















ゲーム上でのステータスをあげていく、自分成長ゲームです。
タスクは全て現実で行います。
たとえば軽めの運動をする、とか、
ストレスに向かい合った時、ストレスをコントロールする、とか、

タスクの内容は細かく書かれています
友人との共通点を見つける、とか、笑顔でいる、とか。
それぞれのタスクに具体的にどのように取り組むのか、の説明が書かれており、
(例えばヨガ呼吸をするタスクで、そのやり方の書かれているページへのリンクがある事も)

タスクをこなし、「I Did This!」のボタンをクリックすると、
行なったタスクにあわせて、

Physical(肉体の強さ)
Mental(精神力)
Emotional(感情)
Social(社会性)

の4つのステータスが数値としてそれぞれ伸びて行きます。
ある程度伸びていくと、レベルが上がります。

基本的には日々それらのタスクを繰り返して自分の能力を伸ばしていく自己啓発的なゲームです。
自分が行なった経験を元に、ゲーム上での能力が数値化されるのは面白いです。
レベルが上がると妙な高揚感があります。



ドラクエなんかをプレイしていて、
スライムとかおおがらすを攻撃すると自分の能力ならどげなダメージ与えるんだろー?とか、
自分のHPはどれくらいなのか?
とか、ゲーム上の能力を、現実の能力にリンクして想像したことがある人ならば面白いかも。

2012年6月12日火曜日

脳でpong!

タイトルみてもしやと思ったけど、ホントにゲームのpongだった。
集中し、脳で動かせるpongの開発が行なわれており、キックスターターで投資を募っています。
Brain Pong Jumbo

不思議。どういう仕組みなんだろねー。
ヘッドセットをつけるだけなので、埋め込むとかないそうです。
日本でもおもちゃであったよね、集中すると浮くおもちゃ。。。。と思ってググったら
あった。マインドフレックス。
元は海外のおもちゃなのね。
こっちもやはり不思議。

研究が進めばもっと自由な動きが出来るようになるんでしょーかねー。

2012年6月11日月曜日

CNN videoでリスニングれ! 2012/6/10

リスニングの素材としてよく使っているCNNvideoをちょっと久々に見ました。
http://edition.cnn.com/video/
バラエティあるニュースが毎日どんどん更新されて、見ているだけでも楽しいです。

スクリプトはないのですが、アナウンサーの発音が(早いのですが)キレイでわかりやすく、
一本1分から2,3分と短めのニュースが多く、キャプションであらすじがつかめる上、
動画もあるのでなかなかわかりやすいです。
英語勉強の初期段階からわからないながらも見ていました。
楽しい!が一番大事です。


つーことで今見ててちょっと面白かった動画たち。

壁を歩くスパイダーネコ。
http://cnn.com/video/?/video/living/2012/06/01/cat-walks-down-refrigerator.cnn

ものを買うよりも、交換しよう!
自動販売機でほしいものを取り、かわりにいらないものを置いて、交換しようっというアイディア。
http://cnn.com/video/?/video/tech/2012/05/31/the-next-list-swap-o-matic.cnn

スマートフォンの情報を守る5つの方法。
http://cnn.com/video/?/video/tech/2012/06/02/nr-whitfield-saltzman-tips.cnn

でっかいジュースを禁止したがってるニューヨークの市長さん。
飲みたい人は2杯かうぜ・・・
http://cnn.com/video/?/video/us/2012/06/01/tsr-snow-big-sugar-drinks-ban.cnn


動画を選んだ後、CMがはいる事が多いですが^^;
ニュースのリーディングも含め、CNNのサイトはオススメです。

2012年6月10日日曜日

キックスターターでソーシャル投資の巻

おお、
昨日のブログhttp://oneday57.blogspot.jp/2012/06/blog-post_09.html
で書いた、バナナゲームパッド、

キックスターターで投資の募集中でした。
http://www.kickstarter.com/projects/joylabs/makey-makey-an-invention-kit-for-everyone?ref=home_popular

6//10今現在、とっくに目標額超えてる。すげーなー。

キックスターターとは
キックスターターもまた、英語やってる人にすげー面白いサイトだと思います。
つい最近、studygiftと言うサービスで話題になりましたが、
クラウドファンディングの仕組みを利用したサイトです。

投資は誰でも出来ます。
投資対象は誰かのアイディア。
製品開発などのアイディアはあるけれど、実現するためのお金が無い・・・
という人々に対して、投資します。
そして、投資した人には額に応じて、きちんと見返りがあるという事がステキです。
例えば上記のmakey makey だと、
5ドル以上の投資だと通知が見れるだけ(これは誰でものような)のようですが、
35ドル以上で完成した製品自体をゲットできるとか、
額に応じてその分の製品をゲットできます。
つまり先行投資して、その製品を買う、という仕組み。
例えば前に見たのですが、ゲームソフトの開発等だと、
投資者は完成品をゲットできたり、資金が多いと開発クレジットにも名前が載ったり、などもあったようです。

期限内に目標金額に達しなかった場合は、投資者に料金はかかりません。
この辺投資者には親切なサービスだと思います。
ただ、プロジェクトの企画者の計画がうまくいかず、
資金を調達しても実現しないアイディアなんかも中にはもしかしたらあるかもしれませんので、
手放しで安心してお金を払えるとまでいえないかも知れませんが^^;

自分は投資はしたことがありませんが、makey makeyはちょっと迷ってますw
色々なアイディアは見ているだけでもとにかく面白いので、リーディング学習にもオススメです!!



ちなみに日本でも、キャンプファイヤ、と言う似たサービスがあるようです。
http://camp-fire.jp/
製品開発と言うより、色々なイベント実行の資金調達が多い気がします。
こっちもまた面白い!!

ソーシャルネットワークを利用したサービスの中でも、
こういう仕組みはすごく面白いなーと思います。

2012年6月9日土曜日

ゲームアプリ Air mail

今回は、最近DLしたアイフォンゲームアプリの紹介です。

Air Mail.
アングリーバードやカットザロープで有名なchillingoのアプリです。
公式サイト
http://www.chillingo.com/games/air-mail/

動画を見て即DLしました(笑)
全体からそこはかとなく漂う爽快な雰囲気と、ひたすらキレイな映像、
音楽のさわやかな感じはプレイしているだけで癒されます。

名前の通り、主人公はair mailの新人配達人さん。
エアグライダーに乗って、空を飛んで手紙の配達をします。
あるタッチポイントまで飛んで行き、手紙を受け取って、
あるポイントまで配達する、というのがメインの目標です。
いくつかのステージがあり、ひたすら飛行して景色を楽しむようなモードも。
パイロットウイングスのようだ、というレビューもネットやitunesで目にしましたが、
確かにパイロットウイングスのエアグライダーのようです。

操作方法は3つ。
オススメはtouch。電車の中でもプレイできるし、慣れやすいです。
カメラモードも4つ。
主観視点は臨場感あってよいです。
ストーリーや説明文、セリフも英語なので、英語学習者にもなかなか刺激的かもしれません。












軍に攻め込まれた島を助けるために飛び回ったりも

オススメです!
itunesはこちら
http://itunes.apple.com/jp/app/air-mail/id490619180?mt=8

バナナゲームパッド

MITメディアラボより。
このMakey Makeyを使えばバナナに限らず、水でも絵でも、階段でさえPCのキーパッドになります。


PCにつなぐインターフェイスを、すぐに、自分自身で、作れちゃうよ!と言う技術。
振動を感じて伝わるのかな。落書きが入力端子になるのが面白かった!

2012年6月5日火曜日

TEDパフォーマンス1

Quixotic Fusion: Dancing with light

http://www.ted.com/talks/quixotic_fusion_dancing_with_light.html

この動画カッコイイー!!!
現実のバレエと光をあわせたパフォーマンス。
ドラゴンボ-ルの操気弾的なというか、力の流れを感じるというか。

後から合成をつける、とかは映画などでいくらでもありますが、
リアルタイムに人の動きに合わせて効果をつける、
と言うのはステキですねー。

TEDはトークのプレゼンテーションだけでなく、時々こういったパフォーマンスもあります。

現実とテクノロジーをあわせたTEDといえば、
この人のパフォーマンスも思い出します。

マルコテンペスト「拡張現実的テクノマジック」
http://www.ted.com/talks/lang/ja/marco_tempest_the_augmented_reality_of_techno_magic.html
マルコテンペスト「ウソと真実とipodmagic」
http://www.ted.com/talks/lang/ja/marco_tempest_the_magic_of_truth_and_lies_on_ipods.html

共にほのぼのと楽しいので、是非とも見てみてください。
他にも面白い動画あったら教えてください!

2012年6月2日土曜日

英語学習番外 AVGNで英語の学習

AVGNこと、アングリービデオゲームナードを知っていますか?

昔からのテレビゲーム好きの人で、
ネットで「クソゲーレビュー」を検索したことのある人(あまりいないか。)ならば知っている人もいるかもしれません。
彼はクソゲーをプレイし、常に下品な言葉をはきながら、レビューしていく男です。

公式サイト。
http://cinemassacre.com/
映画のレビューや自主映画作成もされております。

その動画はyoutubeや海外の動画サイトに投稿され、その面白さ、軽快さ、
ゲーム自体のクソゲー的な意味で面白さ、
そして時々見える、ゲームを愛してやまない愛すべきキャラクターが人気を出し、
多くの人にマネをされたり、ゲームショーでインタビューされたり、
いまや(自分のサイトで)DVDを販売したり、アイフォンのゲームになったりしています。
彼の動画は、英語のスクリプトはありませんが、
ニコニコ動画にドンドン日本語字幕がついてアップされています。

リストです。
http://www3.ocn.ne.jp/~pwrglove/avgn.html

基本的に簡単でわかりやすいト-クと下品な言葉しか使わないので、
ある程度英語を学んだ人がリスニング練習をしたり、
下品な英語を覚えたい時にうってつけです!w
・・・と言うより、もうとにかく面白いので、英語やってない人にもオススメ!w
字幕つきですし、自分も英語の勉強を始める前から見ていました。
子供の頃、クソゲーをつかまされた人ならわかるかもしれませんが、
クソゲームこそが友達と体験を共有するのが楽しいゲームだったはずです。
まあそういう楽しみ方をしないと報われない、と言うのもあるかもしれませんがw

今回は、上記のリストから特に笑えるオススメレビューをいくつか紹介します。
海外ドラマやTEDや映画もいいけれど、たまにはこんなのもどうぞ。

スーパーマン64
64の迷作。個人的にリストの中では一番クソなゲームだと思いますw
とにかく笑えます。
 

 プラマーズ・ドント・ウェア・タイズ
直訳すると「配管工はネクタイをつけない。」
もはやゲームではないですが・・・w


CD-i 中編 ゼルダの伝説
なんと任天堂公式ゼルダ(前編に解説が)、でも作成は他社。
これも笑える意味でひどいです。ゼルダの伝説が元々素晴らしいので余計につらいですw


 スーパーマリオブラザーズ3
アラサーの人ならば子供の頃、おそらくプレイした人も多い、まごうことなき名作です。
数少ないAVGNが褒めちぎるソフト。なので、小芝居や周辺がメインになっていますw


シルバーサーファー
トップレベルのキレっぷり。


ーーーオススメ追加ーーー
チーターマン
ニコニコ動画で大人気チーターマン。
この前動画のアクション52の前後編もオススメ。
【ニコニコ動画】AVGNがチーターマンを遊ぶ(Ep91)

スーパーピットフォール
レビューが秀逸。最初の3分だけでかなりキテますww
【ニコニコ動画】AVGNがスーパーピットフォールを遊ぶ(Ep76)

バットマン
愛を感じる動画。時々ある、コスプレレビュー。
後半メインのジョーカー役の人がすごいww
【ニコニコ動画】【AVGN】怒れるゲームオタク:バットマン編(前編)【字幕付き】
【ニコニコ動画】【AVGN】怒れるゲームオタク:バットマン編(後編)【字幕付き】


アタリ ジャガー
ハード紹介。小芝居とソフトの一気紹介が好き。前半でハードの説明、後半でゲームプレイ。
後半の動画はらいたいっすw
【ニコニコ動画】AVGNがATARI Jaguarを遊ぶ(前編)(Ep65)
【ニコニコ動画】AVGNがATARI Jaguarを遊ぶ(後編)(Ep66)

ニコニコ動画のアカウントを持っている人は、他のものも是非ご覧下さい!
きっと子供の頃プレイしたゲームもたくさんあるはずです。

2012年6月1日金曜日

英語学習その2 英作文集め 2012/08/20追記

みなさんこんにちは。
今日は英語のアウトプットで重要になる、英作文集めについて。

英語の能力と言うのは、大きく分けると4つのスキルに分かれると思います。

リーディング、リスニングのインプットスキル、
ライティング、スピーキングのアウトプットスキル。

リーディングを練習するとリスニングが伸びたり、
これらは全てに相互作用があるなーと思いますが、
このうち後者の二つ、アウトプット練習は、一人でやるにはなかなか難しいものがあると思います。
おそらく多くの人にとって、アウトプットは練習の機会が少ないです。

さらにインプットスキルを磨いて、
読むことは出来ても、聞く事ができても、
それをアウトプットし、実際に使うとなると全く別なのです。

Lang-8と言う日記を書き、利用者同士で無償の添削をするサイトや、
レアジョブ(オンライン英会話サービス)と言ったスピーキング向けのサービスもあります。
これらは素晴らしいサイトです。

が、アウトプットの練習を全くしていないと、何をどうやって喋るのか、
どうやって書くのか、という所に思考がなかなか及びません。
英作文の練習が必要となります。
そこで多くの初期のアウトプッターにオススメの本なのが、

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4860641345/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=sagaluma-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4860641345

や、

「スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4860641574/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=sagaluma-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4860641574

です。自分も、これらの本を何周もし、
基本的な英作文がある程度早く浮かぶレベルまでは進むことができました。

中学レベルの英語力でも理解出来るこれらの本は、
初期の英語学習者から、TOEICで高得点を取るけれどアウトプットはまだまだ練習していない、
と言う方まで幅広くオススメです!
ただ、これらの本は基礎的な表現がメインです。
表現のバリエーションを増やしたい時には、
意識的に日々色々なフレーズのバリエーションを増やす必要があります。
(実際にアウトプットの場を増やしていくと、そんな欲がどんどん出てきます。
決して基礎的な表現が完璧とは言えないにも関わらずです^^:)

自分の場合それらのフレーズは、ニュース記事やペーパーバックから集める事もあるのですが、
色々なWEB上から拾い集めることが多いです。
本題までちょっと長くなりましたが、
今回はそれらの、英作文集めに特化した、オススメのWEB上のサービスを紹介します。

ゴガクル
NHKの語学サイト。
色々なNHKのテレビ放映で集めてきたフレーズを余すことなく紹介しております。
サイトに登録する事で、英作文フレーズのお気に入りも可能。
ただ、サイト上での英作文トレーニングは、
ちーとユーザーインターフェースが引っかかるところがあるので、
自分用のファイル(後ほど記載します)等にコピペしたほうがいいです。

Learn real English
Lang-8で知りあった人がやってるサイト。
英語のシチュエーションにあわせたフレーズを学べる。
解説も英語でしているのがいいです。
秀逸です。

Gaba style English シチュエーション別英会話
こんかい一番紹介したかった、podcastの番組。
ナビゲーターの西任 暁子さんが美人!スキ!
シチュエーションが具体的な数分ほどのコントはユニークで、
実際のGABAの講師と西任さんのやりとりもわかりやすく、
週1と言う更新頻度が手軽で、でも一回の放送で学べる事が多く、すごくよいです。
バックナンバーを見る場合は、
初期の放送はちょっとこなれてないのでw、ここ1年くらいのものから見るとよいと思います

あとは有料ですが、アイフォンアプリで、
アルクの日常会話表現
http://itunes.apple.com/jp/app/ri-chang-hui-hua-biao-xian/id479106800?mt=8
も使っています。
英作文がおよそ700本ほど(テキトー)とてつもなく盛りだくさんな内容となっております。
つい数日前やっと350本ある程度英作文できるくらいまでやりこんで終わった!と思ったら、
シークレットが350本くらいあるみたいで吐きそうになりました。

これらから引っ張ってきたフレーズの和訳英訳を、エクセルのファイルに入力し、
https://www.evernote.com/shard/s41/sh/52496161-7692-4332-80f8-89bee939da93/92105e35f2183467d9a8473bcdc53bb0

PCとアイフォンの両方から復習しております。

今年の目標は1000本英作文!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2012/08/20追記
英作文に、DUOもオススメです。
DUOは基礎から英語をやる人が単語学習をするのに最適な本です。

自分自身も、3年ほど前に英語を始めた頃、
初期段階に単語覚え、リスニングへの慣れの為何度も聞き込んだ本なのですが、
英作文をする素材として最近始めたところ、まったく和文→英文ができず。
瞬間英作文のようにある程度パターンわけされた文章と違い、
全てのフレーズがイディオムである為、全てが新しい表現であるためです。
(この記事で紹介したWEBサービスたちも同じではあるのですが)

歯ごたえありすぎなのですが、難しい単語を使ってるわけでもなく、
こなせるとアウトプット能力が大きく上がる確信があり、とても嬉しくなります。
数ヶ月かけて少しずつやっていこうと思います。