2013年4月14日日曜日

メモ:写真展めぐり


1件目
下北アートスペース
 地下なのでちょっとはいりにくいかもだけど、
駅から徒歩1分で数人でやるにはいい感じ。
今やってるのは数人のグループ展で、写真展示でなくイラストだった。

2件目
下北沢ギャラリー HIBUUHIBOU
こちらも小さくていい感じ。
場所がなんか路地裏で、すぐ後ろには賑やかなジュエリー屋?なんかもあって面白かった。

3件目
ニコンサロン
ここは何度も寄ってるので特に写真なし。
ニッコールクライブの「情景」の展示がかなりよかった。
じいちゃんばあちゃんたち12人の展示。それぞれが自分なりの色を出しつつの
どこかでみたような写真群の完成がすごくステキだった。
展示場所としては立派だけどやっぱハードル高い感じ。


4件目
最後はこちらのギャラリー街道
好きな写真家の尾中浩二さんが運営していて、
ワークショップもここでおこなわれてるそうな。
 
南阿佐ヶ谷から徒歩10-15分のアパートの2階。
普通におうち。風がつよくてガタガタゆれる。
3部屋くらいのアパート。
 
 


 いまやってる展示は中原さんと言う広島在住の自分とそう年の変わらない人で、
一時期東京にいたけど、今は広島に戻り、町を撮っているらしい。
展示が終わったら広島に夜行バスで帰るそうだ。
閉館時間ギリギリについたので10分ほどしかいれなかったけど、
写真の感じがすごくよかった。
日常の風景と情景と人。
 

 
考えたらニッコールクラブのじいちゃんばあちゃん達の写真もそういう感じであったのだ。
自分の好みを再確認した。
 
街道は場所覚えたし、途中の阿佐ヶ谷商店街は楽しいし、またいきたいなー。
次は尾中さんの展示があるようだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿