2013年4月24日水曜日

未来運動

ちょっと個人的に考えた面白い感覚のツイートを後で読み返してわかるよう少し編集してメモ。


最近体中を意識するボルダリングやったり、
脳の本読んだりした流れで、体と脳の事をよく考えてる。

脳の本、「脳には妙なクセがある」で面白かったのは、
未来の事を想像するってのと、身体を動かすってのは脳の同じとこが反応してるって情報。

次の誕生日会の企画をしているとき、前の誕生日会でなにをしたかを思い出してるとき、
それぞれ脳の反応を調べてみると、
次の誕生日の事を考えているときには「前運動野」と言う箇所が反応していて、
そこは身体の運動をプログラムする場所だそうだ。

何かを強く思い浮かべると身体が自然に動く(ボクシングみててからだがつい動いてしてしまうとか)という人体の仕組みを意識的にやってみるとどうなんだろうと思い。

単に歩くときにも歩く足の指から関節まで意識して、足をおく一歩、二歩先を意識して想像しながら歩いてみた。
すると単に歩くだけでも、確かに力がわいてくる。
界王拳1.3倍くらいはありそう。

この感覚って例えばスポーツとか、音楽とか。
野球で落ちてくる球の場所を野手が予測したり、
カラオケで次の歌いだしはこういう歌い方で・・・と意識したりするのも同じ様なもんだよなあ。
スポーツマンな人は単に身体の筋力とかが高いだけでなく、
この感覚が割と無意識で、スピーディに出来る人の事なんじゃないだろうか。

面白いのでこれから日常でちょいちょいやってみよう。

※ボルダリングは「次はあそこに手をひっかけて・・・」とか考えながら
ソーッと手や足を置いて身体を引っ張ったりおしあげたりするので、未来を予想しつつ身体を意識しながら動かす感覚が簡単に感じられて面白いですよ!

0 件のコメント:

コメントを投稿