2013年9月30日月曜日

ウェストロック 身体張力のススメ

朝起きて、ボルダリング情報をあさり。
なんと検索したかは忘れたけど、2chの過去板がヒット。

すごーく久々に2chをみた。
去年年末くらいのだけど。

その中に

http://www.youtube.com/watch?v=5lr_5m443WI

こんな動画があった。
見てみるととんでもなさすぎる指力の男のクライミング動画だったのだけど、
動画をはった人は「身体張力がすごい」と書いていた。

多分始めて意識した言葉。
なんだろ?ググるといろいろとヒットした。

http://haruy02.blogspot.jp/2006/08/blog_115600472132615346.html
http://www.honjo.gr.jp/iori/bouldering/move.html

上の記事のパルス?というのはよくわからないけど、
全身に張り詰める力。体幹力か。

ちょっとキツいホールド取りにいって、そのあとからだが振られるとき、
何を持って振られを抑えるのか?ということをあまり考えておらず。
いっつも腕と足にばかり意識いってた。

今日はウエストロック西調布店に行ったのだけど、
ちょっと腕、足以外も意識して2時間弱、登った。

気のせいかもしれないけど、腕が全体的に疲れにくくなったきがする。
あと、ちょっとキツメのホールドとるとき、腹筋に力いれつつとると、ヨレない。すごくラクに取れた。

身体張力のイメージとしてはドラゴンボールみたく常に全身に気をまとってるような感じで望んだんですが、要は腹筋に力を入れてましたw
垂直壁で壁に身体をピッタリくっつけたい時も、この意識をする事で、手と足への負担が少なくなったきがする。

今まで体幹はちょいちょい静止系のトレーニングをしてるけど、
なぜ体幹が強いとボルダリングいいのか、シックリこなかった。
なんとなく鍛えたらいいんだろうな、くらいだった。
意識もしないと、せっかく鍛えてもあまり意味はない。
次回以降ももう少し意識してみていこうと思う。

2013年9月16日月曜日

小さい生き物は、世界がスローモーションに見えているそうな

http://www.bbc.co.uk/news/science-environment-24078179

面白いのでメモ。
全ての動物が、ってわけじゃないみたいだけど、そういう傾向があるらしい。

アリとか蜂とかクモとか、
小さめの犬とかネコとかの何かに反応してからの素早さってそう言うことなんだろかね。
そして人間については、若いときほど感じる速度がゆっくりだそうだ。

じゃあ、
感じたことに対してすばやく反応してると、若々しくなるんかな。
小さめの生き物はたいてい呼吸早いけど、
じゃあ運動しまくると呼吸がはやくなるから、逆に呼吸を意識して早くすると運動できるようになるとかないかな。

こう言う面白い話きくと、いろんな相関がありそうな期待をして楽しくなります。