2015年10月25日日曜日

138日目 恵比寿

水曜少しだけ恵比寿。

2級のボテからクロス通ってダブルダイノいくやつ、ばらせたけどつなげるとダブルダイノで精度おちてしぬ
ばらせば片手残して楽にとまるけど、それをするにはある程度保持力が必要ということに終わってから気づいた。
普通にダブルダイノで行けばよかったのかも。。。

金曜朝、寝起きにお尻緩めるストレッチしたらなぞのいたみ。
長時間自転車乗ったりしたときのような、足つったときのような。
無理していかずに会社休めばよかったのだが、よろよろいつもの倍時間かけていった。悪化。多分これが一番のミスだった気がする。。。
お昼医者で湿布のみもらったけど、午後は座れなくてほとんどたぅたまま仕事。
就業時間30分前でもう早退。

土曜もっかい医者。レントゲン撮ってもらったら一部腰の骨がずれてるとのこと。
5番とか言ってた。でも、足に力を込めることはできるし、もようもするので重大な感じではないようだ。 (尿意がなくなってくるとまずいらしい)
薬いっぱいもろて様子見。
楽な姿勢をおしえてもらい、ひたすら安静の土日。
 寝ころびながらpcいじれるワイヤレスキーボード便利。

土曜医者行くときは右足に体重かけるのが痛くて1分ごとに立ち止まってたような感じだったけど、今日の夜コンビニいくときはゆっくりとだけど5分くらい立ち止まらず歩けた。
足までしびれてたけど、すこしだけおさまった感じもする。
少しずつよくはなってるのだろうかな。。。

いい機会なので、寝ころびながら指だけで保持力をひたすらきたえたり、
カイジアニメ2部全話見たり、Kindle消化したり、それ以上のペースで本買ったりした。
kindle危険。

2015年10月18日日曜日

シェアエバーフリー下北dog吉祥寺 133日目-137日目

日曜はシェア
新しい壁になってからはじめて。
久々シェアではしゃいでたけど、先日の西岩とかの疲れが残っててすぐバテた。
三級5つ落として終了。うち一個はコンペ課題。うーん厳しい。

月曜はエバーフリー
初ジム。噂の掘りごたつ形式。
店長さんとスタッフさんがテンション高めでフレンドリーでおもしろかった。
シーズンコンペがあって、垂壁の二級オンサイトで一個落とせたので、その枠でいこうと思うも、他の二級コンペ課題なかなか厳しい。
どころか、三級のコンペ課題もばらせたくらいでなかなか出来ず。
立地が地下で、入り口坂になってるのでこないだの大雨の時ジム内掘りごたつ部分まで水没したという話がすごくて、大変だったろうけど笑ってしまったw


平日は忙しいけど座りっぱなしで腰やばくなりそうだったのでなんとか1日だけ下北。
初めて壁に連れてった関連会社の人が途中怪我でブランクありつつも一年続いてて、普通に4級落とせる強いクライマーになっててなんだか嬉しかった。
できないという三級を何個かセッションしたり。二級は時間なくて解けず終了。
下北、思った以上におもしろかった。


土曜はドッグウッドでアミーゴさんといろいろセッション。おもしろかった!
2週課題再開してた。三級まで落として、二級はどれもできずおにつよOさんも苦労してたのでやはりむずいのだろう。。
一個、ルーフのをばらせたのと、 あとは前よれ落ちした傾斜の2級をこの日は一回で落としといた。

紺の矢印。
あとは傾斜初段をさわりはじめる。まだ新しい壁のは一級もできてないけど、今年いっぱいかけて落としたいプロジェクトにしたい。
一個ピンチの燃えるやつと、スローパーカチ体幹きびしいやつを見つける。
帰り際、Oさんにも一個勧められたので次回はじめてみよー。

日曜今日は初の吉祥寺エナジー。
高田馬場と迷ったけど、エナジー系列で登録料なしということで。ももさんに初遭遇!
あとは常連さんらしき方らといろいろ話した!
今日から他ジム行くときは1日に1級一個落とす!という目標をなんとなく思いついていた。※平均的な難易度のジムに限る

前日のドッグ初段打ち始めて、クライミング始めたとき並みに疲労感があって。
3級くらいの課題を滑らかさを意識してたくさん打つことも必要だけど、負荷の高い、難易度の高いムーブを経験することも必要だと感じてたのだ。

そんなわけでこの日は3級3つ落としたあと、1級一通り触る。
傾斜で2個ほどいけそうなのがあった。
特に下の画像のはめっちゃ打って、負荷が高くてよれよれ。

ダブルダイノからはじまる最初の一手目からゴール取りまで全てのムーブが一回ではできなくて、それぞれバラす。
結局ゴール取り以外はなんとかムーブが完成して、ゴール一手前までは繋げられた。
そのあと戯れでやった3級落ちたあと、マットの上でちょっとうごけなかったw


しばらく休んだあと、気合いで2級3つ落としてたら少しいい感じに回復してきたので、
ラストトライ。。。するも真ん中の白いホールド持った時点で、さっきより全然持てなさすぎてわらい落ち。
ゴール取りも結局伝聞で聞いてしまったけど、白取りよりは負荷高いムーブではないと思われるので、次はいける。。。はず!

めっちゃ疲れたけど、少しできないくらいの課題の方がやっぱ面白いし燃える。
またいきたい!

2015年10月11日日曜日

ドッグエナジー 府中店 130-132日目

先週土日はドッグと高田馬場エナジー

ドッグは新しい壁の3級ほとんどおわり、2級に打ち込み始める。
ひとまず2個ゲット。

エナジーは18時からの安くなる時間にはいるように、駅近くのミカドで時間つぶし。
フリップフラップで熱くなったピンボールがあるらしいということで。

あった。 それぞれ1プレイずつ。
1プレイ3機、5分かからずすぐ死んでしまうけど、いいねー。実物のでかい銀色のボールで、重量感ある筐体は趣が良い。チカチカピカピカ演出もよかった。
ほか、レトロアーケードゲームの宝庫のようで、 いろいろ見て回るのも楽しかった。
90年代のアーケードいっぱい。

どこのメーカーかもよくわからないアクションRPGなどもやってじんわりたのしかった。
その後エナジー。
3級いくつかオンサイトと、2級2個ほどゲット。
ランジからポーンポーンとデッドでいく課題、結構打ち込んだけどたのしかった。

2級のTかな。


そしてまた5日あけ、土曜はひさびさの府中西岩。
1、2ヶ月ぶり?

相変わらず週末クライマーで、平日は保持力トレーニングはしているけど、
壁成分が薄れてきている気がするということで、いろんなムーブにどっぷり浸かる時間を作ろうと、三級だけやることに。

そしてやるなら数目指そうと4時間半で目標30本勝負。
アップとラストのアイシングのぞいて4時間ほどとして、1時間に8本落とせればいける!
前触ったのもムーブはほとんど覚えてないだろうということでOK

最初に1階でスラブ、垂壁で10本ほど。いくつかはオンサイトでいい感じだったけど、
1階の傾斜ゾーンに入ってからは、ムーブミスも多く、打ち込み系が出てくる。
(基本3トライで活路が見出せなければ次へ行くけど、活路見出したら打ち込むようにしていた)
それでもそこそこ落とせていくも、15本くらいからは疲れも出てくる。
15本の時点で1時間半くらいといいペースだったけど、ペースがぐっと落ち始め。
1階はほぼ全3級さわり、いくつか逃しつつ22本で終了。
2階へ。この時点で結構気持ちもよれてきてるけど、
2階垂壁で4本くらい稼いでしまって後少し感でてきてからふりしぼり、なんとか4時間半で30本達成!

じっくり限界グレードうつより、下のグレードでもこういう時間制限目標があるとしんどく感じた。
だいたいジムでは4時間5時間くらいだと、体力よりも時間のほうがわずかに足りない!となるのだけど、
この日は最後らへんは、腕もつりそうになるし背中もなんか筋肉きてるし、
明らかに体力のほうが先につきて、閉店1時間前ですでにもう登りたくない!てなるくらいしんどかったw

楽しかったー!
しかしやはり課題の質、数とすさまじいなここは。。。
3級だけで60本くらいはありそう。

2015年10月3日土曜日

127-129 日々

その後、土曜はフィッシュのビールコンペ
久々な上ジムまでアップで走ったりしたりわくわくしすぎたせいか、2トライ目から足つりまくり。
しばらく1トライごとに攣ったりしてた。。
最終的にスピードクライミングで完全に固まり、しばらく休憩

日曜はドッグ。ホールド替え後初。
ダウントウのフューチュラではなく、刀レースだと足つりあまり影響受けない感じ。
どうもこの日から風邪ひきはじめ。
3球6つほど落とす。
2球はどれもなんかやべえぞ。。。鍛えなおしだ

平日は1日だけなんとか恵比寿。2時間弱。
とはいえ体調不良でなんだか最後までこなくそ感出せず、いまいちな感じ。
でも2個、2級ほぼばらせたぽい。

2015年10月2日金曜日

FLIP-FLAP

Kindleで10月いっぱいセールという情報を見つけ、とよ田みのるさんの「FLIP-FLAP」を購入。



以前ブログでもかいたことのある、ノスタルジーな小学生時代と、友情物語の 「ともだち100人できるかな」が大好きで、気にはなってた。

「FLIP-FLAP」は、ピンボール×ラブコメというおそらくほぼないカテゴリーに属しつつも、ラブコメ要素はじっさいあんまりなくて、ピンボールをとにかく楽しむ人たちの物語。
ピンボールという題材を通じて「熱くなること」「その世界にのめりこむこと」に重点を置いており、ストレートすぎるけどわかりやすい演出にジワジワ鳥肌立った。

特にシカゴの盛り上がるシーンは絵的にも素敵すぎます。クライミングにおいても、こういう世界に入り込みたいなあとおもった。
※Kindleセールだけど、見開きで素敵なシーンが結構あるので、本の方がお勧めです。中古なら安すぎる。。。!

物語の中で「ただの遊びなのにどうしてそんなにのめりこむのか?意味はあるのか?」という問いが何度か出てくるのだけど、素敵な登場人物たちはなかなか素敵な自分の答えを持っている。

クライマーとして強くなりたいなあと思いながら2年半もやってると、こんなに鍛えてどこに向かってるんだろう?と思ったことはあります。
自分の場合はコンペとか期間期間で目指しているものはあったとしても、最終的に何かを目指しているわけじゃないく。
何か好きなものを本気でやっている人の答えは多分、それぞれに微妙な違いはあっても、だいたい本質的な答えは同じなのかなー。

ピンボールやすべてのボードゲーム、ビデオゲームが好きな人に送るって帯にかいてるのだけど、それだけじゃなく、好きなものに打ち込んでる人にお勧めしたい漫画でした。

ところで、、、ともだち100人にも同じ特徴のひとがいたのだけど、ヒロインの口がやたらとふにゃふにゃしていました。w